観光案内

ホーム > 観光案内

観光案内

  • 羽田エリア
  • 横浜・川崎エリア
  • 銀座エリア
  • 上野・浅草エリア
羽田エリア

東京国際空港(羽田空港)

1931年(昭和6年)8月に「羽田飛行場」として開港以来、日本最大かつ東京、首都圏を代表する空港です。
2010年10月には、新国際線旅客ターミナルがオープン。都心からアクセスも良いため旅行する方のご利用だけではなく、ちょっとしたお出かけで空港ならではの空弁やスイーツを食するのも楽しみのひとつ。展望デッキで離発着の飛行機を眺めながら食しむことができます。

穴守稲荷神社

穴守稲荷神社

当ホテルから徒歩3分ほどのところに位置する稲荷神社。農業繁盛、延命長寿、商売繁盛、無病息災の神力がある。もともとは羽田空港内 にあったが、戦後空港の拡張とともに現在の場所に移りました。
天保のはじめ頃、羽田空港あたりは、暴風や津波のたびに堤防が決壊して、被害を受けた。そこで、地元の有力者、鈴木弥五右衛門が堤防の上に社を祀ったところ、被害を最小に食い止めることができたという。また、堤防にできた決壊に、狐が飛び込んで被害を防いでくれたという言い伝えもあって、この稲荷神社には 狐が多く祀られている。様々な当たり運や航空安全を祈願する人々も多いのです。 新年は近辺の6つの稲荷神社と玉川弁財天をめぐる「七福神(稲荷)めぐり」に参加したい。8月下旬の「献灯祭」という祭りが有名。350個の行灯がズラリと参道にともされ、幻想的な風情を見せてくれます。

羽田大鳥居

羽田大鳥居

もともと現在の羽田空港にあった「穴守稲荷神社」の鳥居。戦後、米軍が取り壊そうとすると事故が続き、移設されそのまま残されています。 場所は、海老取川にかかっている弁天橋のたもと。京浜急行空港線、東京モノレール「天空橋」から徒歩3分。

羽田神社

羽田神社

鎌倉時代に羽田浦の水軍で領主だった行方与次郎(なめかたよじろう)が、午頭(ごず)天王を祀ったのが始まり。隣の自性院の境内にあった午頭天王社が、のちに発展して羽田神社になりました。
毎年7月最終土日に開催される「例大祭」は、約3万人の人で賑わう。この地は、漁師町だったため、みこしは荒波を彷彿させる豪快な担ぎ方。 これは「ヨコタ」と呼ばれ、観客も担ぎ手も大いに興奮します。

蒲田の黒湯

蒲田の黒湯

穴守稲荷駅から、京浜急行で3駅。蒲田には、気軽に楽しめる日帰り温泉が集まっています。大田区の温泉は「黒湯」という植物性の成分を多く含んだ黒いお湯。 美肌や疲労回復の効能があります。 ほとんどが銭湯なので、安くリラックスすることができます。旅や仕事の疲れを癒してはいかが?

蒲田の餃子

蒲田の餃子

同じく蒲田は、「餃子の聖地」と呼ばれているほど餃子が有名。中華料理店や餃子専門店がひしめきあっており、名物は「羽付き餃子」。黒湯で疲れを癒した後は、冷たいビールを流し込みながら、パリパリジューシーな餃子をハフハフいただきたいものです。

このページの先頭へ

宿泊プラン

ご宿泊日


から

まで

ご宿泊人数

部屋数

プラン選択

検索方法

新規会員登録

予約確認・変更・キャンセル

予約がTYから始まるお客様のご予約の確認・キャンセル